ホーム伝ティストとして歯科から健康の維持増進をめざしております
HOME>一般歯科

一般歯科

歯の噛み合わせと顎の関節

歯の咬み合わせと顎の関節 
~ご存知ですか? 顎と健康の関係~

重いモノを持ち上げる時、グッと奥歯を噛みしめて力を入れます。
真剣に物事を考えていると 知らず知らずのうちに歯を食いしばっている事がありませんか。
逆にぼんやりしている時には口がポカンと緩んでいたり。
もちろん、美味しいモノを味わう時には歯で物を噛み 食事を楽しみます。

もし 上下の歯の位置が狂うとどうなるでしょう。
実際に顎の位置を少しずらして噛みしめてみてください。咬む位置がずれて、ゆがんだ表情になり、力が入りませんよね。実は私たちの日常の中で「顎の位置がずれてしまう」という事が意外と多くあります。
歯が抜けたままになっている。 
治療の途中でやめている。
詰め物や被せ物が取れたままになっている。
合わない部分入れ歯や入れ歯を「だましだまし」使っている。

この様な状態が続くとどうなってしまうのでしょう。
まず、噛む位置がずれた事で 顎の位置がずれてきます。すると歯に亀裂が入り 虫歯が出来ます。
加えて歯茎に負担がかかり歯槽膿漏を誘発し 口臭歯がぐらぐらと動揺してきます。
さらに力の掛かる部分がずれるので 全身の筋肉に緊張が生じて 血管、神経、臓器に支障をきたし頸椎、脊髄、腰椎な全身的な病気を引き起こす誘因となります。

もちろん顎の位置がずれた事で 顔の表情が歪むと同時に 姿勢もゆがんできます。
顎は平衡感覚を微調整している役目を担っているのです。

しかし逆に考えれば 歯のメンテナンスで全身の健康が予防できる訳です。
健康の入り口は 実はこんなに簡単な事だったんです。
噛み合わせや歯についてご心配な事 なんでもご相談下さい。




歯が無くなる原因ワースト3

1.細菌の増殖  
虫歯は「虫歯の細菌」が原因です。
歯槽膿漏は老化現象ではなく「歯槽膿漏の細菌」です。

2.歯並びとかみ合わせのズレ
歯並びの悪さ、つまり咬みあわせのズレにより「口臭」「歯槽膿漏」「虫歯」が起こります。

3.顎の関節の異常

顎の関節の位置や、顎を動かす筋肉によって咬み合わせのズレが生じ「歯槽膿漏」「虫歯」を招きます。
また顎の関節のズレは治療した被せ物や、詰め物が取れたり、入れ歯が壊れる原因にもなっています。

老化だけでは歯は絶対に無くなりません。
「老化で歯が無くなる」と言うのは「間違った常識」です。